肌ダメージを最小限にするために!脱毛直後に気をつけたい2つのこと


2

 

脇脱毛や腕脱毛、VIOなどを何度も経験していると、ついつい怠りがちなアフターケア。「脱毛した箇所が赤くなってしまった」「乾燥肌気味になった」というネガティブな脱毛口コミがあったとしたら、大体がこのアフターケアを怠ったことに起因するほど重要なケアです。保湿を徹底するとか、紫外線ケアに注意するとかは多くの人が取り組んでいるようですが、実は肌ダメージを最小限に抑えるために注意したい生活習慣があること、知っていますか?

 

乾燥肌を呼び寄せる?絶対控えたいのは飲酒

 

22

 

アルコールが脱水症状を引き起こすのは有名な話ですが、実は肌にも同じ作用が起こるのです。特に光脱毛などで敏感になっている照射箇所は、乾燥しやすい状態。脱毛したその日にお酒をがぶ飲みしたりすると、保湿を徹底したとしても、体の中から乾燥しがちになってしまいます。乾燥すると痒くなったりするので、肌状態はどんどん悪化してしまう一方。もしそこを掻きむしろうものなら、肌ダメージは最大級! だからこそ、脱毛した当日は飲酒をしないように予定するのがオススメです。また、アルコールが残りやすい人は安全策をとって、翌々日もお酒を飲まないようにするとGOOD!

 

お風呂も運動もNG!毛穴は開かせないで

 

23

 

脱毛した当日は肌が敏感になっている上、毛根に光をあてることで毛穴にも負担はかかるもの。そんなデリケートな状態の毛穴が開いてしまうと、毛穴づまりが発生したり、感染症になってしまう恐れもあるのです。毛穴が開くような運動や入浴は脱毛当日、避けたほうが無難です。「入浴しないけれどシャワーでしっかり洗う」というのもグレーゾーン。要は毛穴を開かせないようにするのが第一条件なので、長い間シャワーを浴びるのも、熱い温度のシャワーも回避して正解です。また、ナイロン製のボディウォッシャーを使って体を洗うのは、脱毛後3日はやめるようにしましょう。肌にダメージが大きいだけなく、デリケートな毛穴状態に傷をつけてしまいかねません。

 

 

24

 

無論、ジョギングやランニングなどの運動もNGです。この日だけはおとなしく過ごすようにスケジュールするのがムダ毛レスな美肌になる賢い方法です。

 

実は意外と多い脱毛後のNG習慣。脱毛するからには美肌にも育てていきたいのが美女子の本音ですよね。だからこそ、ツルツルの肌を手に入れると同時に、自分で触っていたくなるようなスベスベ肌になるには、脱毛後のアフターケア、そしてNG行為をきちんと理解して実践するのが正解です。

 

baba

このエントリーをはてなブックマークに追加